資金繰り改善・総務・リスケジュール・経営・セミナー・助成金 中小企業を支援する 経営者のためのコミュニティポータルサイト

税務調査って何をするの?

日本では、法人税や所得税などにおいて「申告納税制度」がとられています。
自主的な納税であるがゆえに法令の解釈を誤ったり所得や税額の計算を間違えたりすることもあります。

また、本来の納税を怠る人もいます。

申告納税制度を正常に機能させるために、また、公平な課税を実現するために「税務調査」は行われています。

管轄範囲

  国税局 税務署
調査対象 原則として大法人(資本金1億以上) 中小法人・個人事業主
調査内容
  • 査察部による調査(マルサ)
    悪質な脱税行為の嫌疑が生じた場合に限られ、強制力があり拒否できません。
  • 資料調査課による調査
    申告内容に不審な点がある場合に行われます。
  • 特別調査班による調査
    申告内容に不審な点がある場合に行われます。
    国税局の資料調査課と合同で調査する場合もあります。

種類

所得税や法人税をメインに調査を実施することが多いのですが、同時に消費税についての調査が実施される傾向が強いようです。

強制調査 「マルサ(査察)」が代表的なものです。脱税の嫌疑が濃厚な場合などに限られ、一般の納税者にとっては縁遠いものと言ってよいでしょう。
任意調査 国税局や税務署が行います。現況調査・帳簿調査などが行われ、事前通知のない抜き打ち調査の場合もあります。

  • 循環調査
    おおよその周期で実施される調査
  • 見直し調査
    決算内容や事業内容を確認して行う調査

 

サイトマップ

Copyright © F&M CO.,LTD. All rights reserved.