資金繰り改善・総務・リスケジュール・経営・セミナー・助成金 中小企業を支援する 経営者のためのコミュニティポータルサイト

税理士・会計士の賢い選び方

税理士・会計士選びはお見合いと一緒!?

選ぶポイント

考え方・性格で選ぶ

HPや企業理念、他の方のクチコミを参考にして、実際に会って選ぶ。
お互い良きパートナーとして業務を行っていくわけですから、性格や考え方が経営者と同じ方向を向いている方が事業としては発展しやすくなります。

例えば、経営者としては「もう少し節税対策をしてほしい」と思っているが、税理士側としては、「税金は収めるもの」という考え方を強く意識しており、そもそもその節税対策を受け入れようとしない税理士も多く存在するのです。
また、税務調査の立会いの際も経営者の立場に立って意見を言う税理士もいますし、税務署側の意見を鵜呑みにする税理士もいます。
だからこそ、双方の方向性を合わす必要があるといえます。

サービス内容で選ぶ

現在、会計事務所ごとに色々なサービス内容を展開しています。訪問回数は何回なのか?どんなアドバイスをするか?どのようなことを望んでいるか?など、より顧客側(経営者)の視点でサービスを展開している会計事務所が増えています。経営者としては、どんなことをしてほしいか、どんなことが企業としての弱みかを理解し、サービスを選ぶ必要があります。

例えば、社内での帳簿の処理に時間がかかってしまい、それを会計事務所に任せたい場合は、記帳代行を行っている事務所もあれば、そうでない事務所もあります。記帳代行を行っていない事務所にいくら任せたくても、受け入れる体制がないことにはできません。どのような理由で税理士や会計士が必要になるか良く考える必要があるといえます。

経歴や経験、実績で選ぶ

税理士・会計士によって得意分野が違います。実際に得意な業種や業態が存在します。特に特殊な仕事の場合、専門の税理士・会計士のほうが良いといえるでしょう。

例えば、飲食業を専門に行っている会計事務所と通常の事務所の場合、サービスの幅やアドバイスできる内容や経験が違うため、経営をよりよい方向に導ける可能性が高くなります。

料金で選ぶ

会計事務所によって料金が違います。料金で選ぶことは重要なポイントですが、サービス内容と料金のプランによって比較検討することがベストといえます。
ただ経営者が自分で比較するというのは、時間的に難しく、専門業者や税理士・会計士と提携している会社に任せるのも、1つの手といえます。

経営者が税理士を変えた理由 ⇒料金で税理士を探すならこちら

サイトマップ

Copyright © F&M CO.,LTD. All rights reserved.