「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































不動産による相続対策

遺産の中に、一定の要件を満たす被相続人等の住宅や事業に使われていた宅地等がある場合、その宅地等の評価額の一定割合を減額する特例があります。 これを、小規模宅地等についての相続税課税価格計算の特例といいます。

特例の適用を受けられる条件

特例の適用を受けられるのは、個人が相続や遺贈により取得した宅地等で、次のすべての用件に該当するものです。

  • 相続開始直前に、被相続人または被相続人と生計を共にしていた被相続人の親族の事業用、もしくは居住の用に供されていた宅地等であること
    (この「事業」には、事業と称するに至らない不動産の貸付や、これに類する行為(準事業)も含まれます。)
  • 建物または、構築物の敷地の用に供されていたものであること
  • 棚卸資産に該当しないものであること
  • 一定の限度面積までの部分として、各相続人等の合意の下に選択したものであること
  • 相続税の申告期限までに分割されていること

平成22年度の税制改正により、平成22年4月1日以後の相続より下記項目が変更になりました。
改正前は、相続人等が相続税の申告期限まで事業又は居住の継続をしないで小規模宅地等についても、上限面積200㎡・減額割合50%の減額特例の適用を受けることができましたが、対象外とされました。

最大80%まで減額して評価することができる特例の適用を受けられる宅地等には、区分に応じた限度面積が設けられています。また、宅地等の利用状況、区分に応じて減額される割合も異なります。

特例の適用を受けるには

相続税の申告書に、この特例を受ける旨、その他所定の事項を記載して、遺産分割協議書の写しや相続人の住民票・戸籍の附票などの必要書類を添付する必要があります。

 

相続の無料相談をする  ⇒ 事業承継を考える ⇒ 事業承継の方法 
相続に強い税理士を探す​​ 

 

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ