「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































企業の資金調達コラム

メインバンクについて


 「うちは○○銀行としか取引をしていません。今まで○○銀行には何度か苦しいときに助けてもらったので、今後もメインバンクとして活用しようと考えているのですが・・・」

企業に訪問するとこのような声をたまに聞きます。

 このようなとき、私は社長に「○○銀行へ恩を返すのは非常に大切なことです。しかし、一行取引にする意味はないのではないですか?」ということを伝えます。

 メインバンクというのはその会社に対して重大な責任を負っています。条件変更においても、メインバンクにまず話を持っていくというのは常識です。メインバンクが融資を引き上げる態度を見せるとその他の銀行も融資を引き上げてくるというケースがあるのも事実です。

 では、メインバンクのみと取引をして義理を立てておくほうがいいかというとそのようなことはないのです。「銀行への交渉力が極端に弱くなる」というのが最大の理由です。

⇒銀行への交渉を強化するためのサポート


複数の銀行と取引するメリット

メインバンク一行と取引をしている企業と二、三行と取引をしている企業ではその金利に差が出てくることがよくあります。
 理由は簡単で一行取引では競争が生まれないため、どうしても金利が高くなってしまうのです。企業にお金を貸すことで収益をあげる銀行にとって他行が自行より安い金利で提案をしてくるとそれに対抗する必要が出てきます。このようにして、金利を引き下げる交渉をすることはよくあります。(もちろん限界はありますが)

 メインバンクに義理を立てることも非常に大事ですが、一方で少額でも他の銀行と付き合いをしておくなどすることも銀行から有利な条件で融資を受けるためには重要なポイントとなるのです。

 今、メインバンク一行のみと取引をしている企業にあっては一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。


⇒初めての資金調達
  ⇒『貸し渋り』・『貸し剥がし対策』  ⇒銀行対策

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ