「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































どうすれば財務の評点があがるの?

どうすれば財務の評点があがるの?

少ない資産で効率的に経営すること。

CRDの評点方法を分析してみると資産は小さく、そして収益率の高いことが高得点につながっています。
一昔前は成長性や事業規模の大きさも加点ポイントであった評価体系も変化しつつあるようです。

過大な設備投資や、無意味な資金借入を行う場合、評点が悪くなるので慎重に判断しましょう。
総資産額が大きいというだけで比率が悪くなる財務比率もあります。

例えば、自己資本比率や流動比率などはその影響を受ける場合があるので要注意です。
銀行員から「決算はたくさん預金を積んでおくと評点が上がりますよ!」などと言われて、借入を増やしている経営者がいますが、確かな根拠はありません。

決算書について学ぶ

自己資本の充実

不良化した債権などは資産に計上し続けるのではなく、積極的に償却を行い自己資本比率の増加に注力します。
また、保険などを駆使した節税も人気がありますが、内部留保の充実が何よりの保険であることも忘れてはいけません。

財務評点100点満点をとった企業がありました。
(満点ですので当然日本一の財務諸表となるわけですが・・・。)

その企業を分析すると、資産効率(できるだけ少ない総資産で経営する)、一方で、その企業の経営者の口癖が「儲けは国と折半」であるように、内部留保の大切さを強く意識した財務方針を続けていて、厚い自己資本が財務分析のいろいろな比率を高めています。
結果として銀行からは格安の金利と安定した環境が用意され、事業展開がスムーズかつ経済的にすすめることができるといった好循環のサイクルを続けています。

銀行とのお付き合いが大切な業種、常に資金の新規借入れが必要な業種の経営者は節税に躍起になって財務をおろそかにしていると、事業運営に影響があるかもしれません。

節税対策もほどほどに…。

銀行対策を考える  ⇒中小企業によってのCFO  ⇒資金繰り改善

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ