「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































会社設立に必要な経費

会社設立に当たって、経営者が考えることは費用の圧縮です。会社設立事務に係わる費用はできるだけ抑えたいものです。


下記は「法定諸費用」として、ご自身で手続きしたときでも必ず発生する費用です。手続きを委託される場合には、これに手数料がプラスされます。取扱先によって条件が異なってきます。

会社設立メリット・デメリット  ⇒ 会社設立の無料相談はこちら
 

 

株式会社設立に必要な経費

定款認証印紙代 40,000円 定款に貼る収入印紙代です。
電子定款認証の場合はこの費用はかかりません
定款認証手数料 52,000円 会社を設立するためには、認証を受けた定款を法務局に提出する必要があります。
認証は、公証役場にて公証人が行います
登録免許税 150,000円 会社設立時の登録免許税は、資本金の1,000分の7の金額となります。
この金額が15万円に満たないときは、一律15万円となります
謄本・印鑑証明代 2,000円 定款の認証を受けて定款の謄本を取得します。
通常法務局提出分と会社控え分の2通を用意します

また電子定款認証をすることで、定款認証印紙代40,000円が無料になります。

会社設立を委託している会社はほぼ電子定款認証を取り入れており、経営者が自分自身で設立をするより、安く会社設立をすることが可能になっています。

安く会社設立を依頼する

 

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ