「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































「残業代を毎月定額で支払っても問題ありませんか?」

残業代を毎月定額で支払っても問題ありませんか?

質問者:ビジプラ

毎月ある一定の時間残業するものとみなして、その時間に相当する残業代を固定額で支払うことについては、実際の残業時間がその範囲内であれば特に問題ありません。

ただし、その月の実残業時間が上記のみなし残業時間を超えた場合、超えた時間に関してはあらためて割増賃金を支払う必要があります。
「先月は残業をほとんどしていなかったから」または「来月残業をさせない」という理由付けで、労働時間を相殺したり持ち越したりすることはできません。労働基準法第24条の賃金全額払いの原則に反しますので、超過分についてはその月で清算することになります。

また、管理職に対しては役職手当に残業代を含めて支給する、としているところもありますが、これも内訳によってどの部分が残業代になっているのかを明確にしておいたほうが無難でしょう。労働基準監督署の窓口によっては「残業代を支払われていると認められないので、役職手当を含めた算定基礎額を基に割増賃金を支払うよう」指導を受ける可能性もあります。

回答者:ドクターポケット

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ