「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































「パートやアルバイトにも健康診断を受けさせる必要がありますか?」

パートやアルバイトにも健康診断を受けさせる必要がありますか?

質問者:ビジプラ

パートやアルバイトでも、一定の要件に該当する場合には、健康診断を実施しなければなりません。

解説:

 労働安全衛生法施行規則では、事業主に対し、「常時使用する労働者」を雇い入れる場合には、雇入れの際及びその後1年以内ごとに1回(特定の有害業務に従事する労働者については6ヵ月以内ごとに1回)、定期健康診断を実施することを義務づけています。この規定は、次の要件に該当する場合には、パートタイマー等の非正規従業員にも適用されます。

 (1)期間の定めのない契約によって雇用されるパートタイマー等はもちろん、期間の定めのある労働契約による場合でも、契約を更新した結果1年(特定の有害業務に従事する労働者については6ヵ月)以上引き続き雇用している者。

 (2)1週間の所定労働時間が同一の事業所の同種の業務に従事する通常の労働者の4分の3以上の者。

 なお、パートタイム労働法の「指針」では、(2)の要件に達しない場合でも、(1)の要件に該当する場合で、1週間の所定労働時間が通常の労働者のおおむね2分の1以上のパートタイマーには、健康診断を実施することが望ましいものとしています。

 以上のように、「指針」では、雇用期間と労働時間の長さを基準に健康診断実施の義務、努力義務の範囲を示していますが、パートタイマー等の適正な雇用管理のためには、1年以上にわたって雇用するパートタイマー等に対しては、労働時間の長さにかかわらず、一般社員と同様に健康診断を実施するよう努めるべきでしょう。

回答者:ドクターポケット

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ