「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































詐害行為について

《さがい行為について》
取引先が先日不渡りを出しその際にさがい行為という言葉を聞きました。どういう事ですか。

質問者:ビジプラ

1詐害行為とは、総債権者の債権の引き当てとなっている債務者の総財産を減少させ、債権者の債権の回収を阻害する債務者の法律行為をいいます。
民法424条1項は、次のように規定しています。
「債権者は債務者がその債権者を害することを知りて為したる法律行為の取消を裁判所に請求することを得。但し、その行為によりて利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の当時、債権者を害すべき事実を知らざりし時はこの限りにあらず」。
2典型的な例を挙げましょう。
例えば、差押逃れのために債務者がその不動産などの資産を親族などに名義変更するケースがよくあります(贈与はもちろん、仮装の売買という形もよくあります)。特定の債権者にだけ支払をしたり担保の設定など優遇することもこれに当たります。
本来、自分の所有物をどのような形で処分するかは所有者の自由であり、資産を処分しても債権者に対する支払ができるのであれば債権者がとやかく言うことではありません。
しかし、債権者としては、債務者が任意に支払をしてくれればそれでよいが、任意に支払をしてくれない場合には、訴訟等に基づいて最終的にはその所有資産から強制的に回収するしかないわけです。
従って、債務者の資産が債権を回収する最後の拠り所であり、債権者への支払ができないのにも関わらず資産の処分を無制限に許容すれば、それは到底公正とはいえません。
そこで、民法は、債務の支払ができないことが分かっていながら為した財産の処分などについては債権者からの請求で取消できるようにしたわけです。

回答者:ドクターポケット

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ