「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































従業員の身辺調査

従業員が金銭の貸し借りなど多く怪しい。身辺調査や以前の会社の状況など調査したいのだが、プライバシーの侵害などあるのでどの程度までなら許されるのでしょうか?

質問者:ビジプラ

1従業員の個人的な金銭貸借などはまさにプライバシーの問題ですから、原則として使用者が立ち入る領域ではないと思われます。
但し、経理担当者など金銭を扱う役職にある従業員として、その職務と個人的な資力状況が関わりを持つ場合などには、不正防止など強い必要性が認められる限り一定限度での調査は許される余地はあると思われます。
2一定限度の調査というものが具体的にどの程度許されるのか一概に言うことは困難ですが、常識的かつ強制力を伴わない方法でなければならないと思われます。回答者の個人的な見解とすれば、おそらく以前の勤務先などへの「聞き合わせ」はプライバシー侵害とされるのではないかと思われます。
従って、当面は、従業員本人から強制に渡らない態様で、事情を聴取するという程度にとどめておくべきではないかと思われます。

回答者:ドクターポケット

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ