「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































「第10回SOHOしずおかビジネスプランコンテスト」2月22日開催。学生・一般の部ともクリエイティブ性の高い商品提案プランが最優秀賞を受賞

SOHOしずおか/B-nest 静岡市産学交流センター  http://shizuoka-bizcon.com/

表彰式では学生部門、一般部門別に、奨励賞、優秀賞、最優秀賞の順に発表。

学生部門の最優秀賞は、「ワークショップ フラワーアクセサリー」を発表した、加藤 諒さん、廣田 華苗案のチームに与えられた。

また一般部門では、「自分で付けてお湯で外す新感覚着せ替えネイル。ネイルの常識を覆す魔法のメグネイル」を発表した山河めぐみさんが、最優秀賞を受賞。

いずれもオリジナリティ高い商品提案を行った、クリエイティブ性をアピールしたプランが最上位の賞を獲得したことになる。

加藤さんは以前にも東京での学生起業家選手権をはじめ、ビジコンへのチャレンジ経験は何度かあるらしい。そこで学んだことを意識しながら、プレゼンの手法も修正してきたとのことだが、とはいえ「秀逸なビジネスモデルを作ること」ではなく、「自分が創り出したいものを発信できる場を作りたい」という製作者的な姿勢が原点にある。

ビジコンで賞をとれるかはあくまでも結果論であり、「自分の想いを実現したい」という強い意識が前面に立ったことが、高い評価につながった部分は多いのではないかと思う。

一方で、「魔法のメグネイル」を提案した、山河さん。すでに市内に「GORDI」というネイルショップを経営するなど、アクティブにビジネスを展開されている方。(今回の一般の部の発表者は、既に実業をされていることが殆ど)

そして「メグネイル」で経営革新計画を取得されたり、美容室などの代理店網も広げるなど、積極的にビジネスを拡大している真っ最中のようで、今回の最優秀賞受賞が、さらなる攻勢につながるのではないかと思われる。

写真を見ても分かるように、非常にチャーミングでありながら、意思の強さを感じさせる女性。

既存のネイルの手法に満足することなく、「自分が正しいと思うものを世に出したい」という想いの表れは、前述の加藤さんにも共通するものであり、審査員が応援したくなるのも理解できる。

今回は初の遠征によるビジコン訪問で、それぞれの地域や主催者の違いによって、登場する人も内容も個性が出てくるものだと感じた。

とはいえ、チャレンジする人を応援しようという熱意を持った人がいて生まれる企画であり、また受賞者が純粋に喜び、参加した人がこれらの機会を経て成長してストーリーなどは、どの場所のどの企画でも同じはず。

チャレンジをする人がいるからこそ、応援する人が現れ、応援しようと親身になる人がいるから新たなチャレンジャーが生まれる。こういう素敵なプラスの関係は、ぜひ多くの場所で守り、育て、そして新たに生み出されていってほしいなと思う。

<取材:文 ダイヤモンド経営者倶楽部 北村 和郎>

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ