「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































事業承継とは

最近良く耳にすることばですが、一言で説明をすると「会社の相続」の事になります。
現在の経営者から後継者への引き継ぎを行います。「会社の相続」といっておりますが、具体的には、会社の株式・財産・役職など、またこれまで保有や管理していたものを、後継者に引き継ぎ(承継)を行います。
昨今、日本は高齢化が進んでおり、どのような形で事業承継をするべきなのか?という問題への関心が高くなってきているのが現状です。

個人の相続を考える


「自分が経営を退いた後・・・会社をどうして行けばよいのだろう??」

という経営者の悩みを昨今良く耳にします。そうならないために、対策を考えておくことが重要になります。

事業承継対策がなぜ!?必要なのか?

対策が必要な理由としては、失敗しないためです。事業を承継する際に、紛争が起こる、または、うまく引き継ぎが行われず、会社の業績が悪化してしまうケースが多くの事例で見受けられます。そのような状態に陥ると、事業の存続が困難になります。

対策はいつごろから考えるべきなのか?

「対策」なので、早ければ早いほうが良いということになりますが、事業承継の対策期間は一般的に10年ぐらいあれば、おおよそ経営者の意向通りの事業承継が可能になります。

後継者がいない場合

事業承継に関しては、選択肢は多岐にわたります。どれがベストなのか考える必要があります。後継者が現在いない場合、社外の人間への承継、M&Aによる吸収合併・売却などを考える必要があります

事業承継においては長期的で明確なプランニングが必要になります。

事業承継の専門家を探す  ⇒ 事業承継の方法

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ