「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































コラム:決算書について②

貸借対照表とは

決算書の正しい見方

決算書ができあがったとき、あなたはどこを見ますか?
多くの社長が答えるのが会社の利益を表す「損益計算書」です。
もちろん損益計算書も大事になるのですが、それだけでは、会社の実態は見えてきません

会社の実態を図るうえで大切になるのが「貸借対照表」です。
実は、銀行も会社にお金を貸すかどうか判断するときには損益計算書より貸借対照表を重視しているのです。

しかし、意外と社長が苦手とするのが貸借対照表です。
ここでは、簡単に貸借対表がなにを表しているについて説明していきます。

貸借対照表の見方

貸借対照表は大きく「資産負債純資産」にわかれます。
構造としては左側には資産、右側には負債・純資産となります。
左側の資産には会社の持ち物が計上されており、右側にはその資産をどのように購入したのかということが記載されているのです。

例えば…

製造業の社長が新しく、1000万円の工作機械を購入したとします。
すると、貸借対照表の資産の欄に1000万円の工作機械が計上されます。
そして、仮にその1000万円の工作機械を買う時に300万円を会社のお金で用意し、残りの700万円を銀行からの借入で用意したとします。
すると、貸借対照表の右側の負債には700万円計上されます。

そのなかで銀行が最初に見てくるのが負債と資産のバランスです。
例えば、先ほどの例で考えると工作機械を手に入れるのに会社が自社の資産(純資産)で購入したら会社の安定度が高いということがいえます。
しかし、逆に購入費用のほとんどを銀行からの借入で賄っていたら会社の状況が不安定であるということがいえるのです。

会社の資産をどのくらい自社の資金で賄っているかを表したものを「自己資本比率」といいます。
(純資産÷資産)


会社の安定度を表すうえで重要な指標になりますので自社の「自己資本比率」は確認しておくことをお勧めします。

決算書について①  ⇒ 決算書について③  ⇒ 銀行対策で財務は変わる!

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ