「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































株式会社ラクスル

代表取締役 松本 恭攝 氏

1984年10月生まれ、富山県出身。家族親戚すべて公務員という保守的な環境で育つも、慶應義塾大学一年時に学生団体の立ち上げに参加したことを機に「ゼロから一を生み出す」ことの楽しさを知る。卒業後は外資コンサルティング会社に勤めるが、自らが市場を創造することへの願望が強くなったこと、印刷業界の革新による新たなビジネスの可能性に手ごたえをつかんだことから起業を決意。2009年9月株式会社ラクスルを設立、代表取締役に就任する。

「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」 取引きのオープン化で、もっと便利で進化した印刷業界を構築する

【1】既存の勢力図をひっくり返せる市場を狙え

大成するベンチャーの条件として、「マーケットサイズの大きい業界で勝負することが大事」と語られることは多い。

そして「その業界が持つ課題や矛盾を、最新の技術や価値観を活用して解決し、新たな常識を創り出すことで次の市場の覇者になりうる」などと続けられる。

1990年代後半からのインターネット普及期は、まさにその「定石的な着眼」を活かしやすい時代。結果として多くの新興企業が勢力を拡大してきた。

反面、その流れが一巡して、最近は「狙える業界が少なくなった」という声を多く聞く。そして「大きな成長を目論見やすいビジネスモデルが見えなくなってきた」といった意見も・・・

最新のベンチャーの多くが「ソーシャル」に走っているのも、「可能性を見い出せるのがそこしかない」という思いが端緒になっている部分は大きいであろう。

しかし「実はまだまだ大きな市場が眠っている業界がある」ことに気付かされることは少なくない。今回訪れた印刷ベンチャー、株式会社ラクスルもそんな新たな発見をさせてくれた企業の一つだ。

印刷業界のマーケット、この市場は何と6兆円の規模にものぼるという。そしてトップ2社(第日本印刷/凸版印刷)でその半分を占有。残りを3万社の企業で分け合っている業界だ。単純割りすれば、1社平均1億円。まさに中小・零細がひしめき合う業界である。必然的にビジネスの革新は生まれにくい状態にあった。

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ