「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































会社の倒産原因はココにある!

一口に倒産と言っても、その要因はさまざまです。次の表をご覧ください。
2010年上半期(1月~6月)の倒産の原因別内訳(中小企業庁HPより)

販売不振 74.9% 過小資本 4.8%
既往のしわよせ 7.7% 放漫経営 4.2%
連鎖倒産 5.9% その他 2.5%

 

販売不振

これは、そのまま売上高が減少して収益が成り立たなくなった状態を示します。倒産の原因としてはやはり最も多いのですが、倒産に至るまでには実に多くの要因が含まれています。

売上が徐々に減少していたのなら何らかの対策を早めに打てていたかもしれません。急激な減少であれば、一時的な資金を調達できていれば急場をしのげたかもしれません。いずれにしろ、余裕のあったときに強固な財務体質とそれを維持する仕組みがあるかがキーポイントとなります。

 

既往のしわよせ

次に多い要因が既往のしわよせです。つまり「ゆでガエル」の状態だったことを示します。業績が実は危機的な状況であるにもかかわらず、先代や過去の財産がこれを見えづらくします。そして限界に到達したとき、とてつもないスピードで倒産に至ります。まさに、「なぜ倒産したのかわからない」状況と言えます。

こうならないためには、平素から自社の状況を定量的に把握し、「この数値がこうなったら危険」という経営指標を認識しておく必要があります。

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ