「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































金融機関の決算書の見方

4.格付

会社が金融機関に借入の申込みをした場合、金融機関はまず、企業審査を行い、当該企業の格付(債務者区分)を行います。

  1. 正常先
  2. 要注意先
  3. 要管理先
  4. 破綻懸念先
  5. 破綻先

なぜ、金融機関は格付をするのでしょうか?それは、融資を実行することで金融機関の業績に影響を与えるからです。
金融庁による金融検査マニュアルの制定後、金融機関は会社に貸し出す「貸付金」という債権に対して、必ず、貸倒引当金を計上しなければならなくなりました。貸倒引当金とは、将来の取立不能見込額を見積もったものです。格付により、この引当金の額が決まってくるので、金融機関も真剣なのです。

5.貸倒引当金の目安

債権額が100とした場合、

  1. 正常先
  2. 要注意先
  3. 要管理先
  4. 破綻懸念先
  5. 破綻先

金融機関の貸出利率が数パーセントと考えれば、2~5の先に貸すと採算が合いません。
利益がでている企業、債務超過ではない企業の決算書が必ずしも正常先かというと、そういうわけでもありません。
金融機関は、決算書の資産を簿価から時価へと評価替えして、どんどん資産評価を下げていくのです。

銀行格付に不安があればこちら

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ