「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































税理士が高齢のため

高年齢化社会が問題になっている日本ですが、開業している税理士の高齢化問題もあることはご存知でしょうか。

最近の事例では、顧問税理士が突然引退してしまったので急に別の会計事務所を紹介されてしまったケースや、先代からのつきあいでそのまま顧問になってもらっているが高齢のため、色々な質問を聞きづらいなど、税理士が高齢のためにコミュニケーションをとることが難しいという声を良く聞きます。

では、なぜ税理士の高齢化問題があるのでしょうか?
実は、開業している税理士の平均年齢は60歳代です

ご存知の通り60歳以上となると、一般企業では退職後の嘱託社員などで企業に在職するようなケースが普通だと思います。

当然、豊富な知識や経験が必要な業務ではありますが、ここまで平均年齢が高い業種というのも珍しいと思います。
税理士の平均年齢が高い理由として、税務署に23年勤務すると無試験で税理士資格を有することができ、税務署を退職後に開業をされるケースが多いからです。
税理士登録をされている税理士の約50%が税務署を23年勤務してから登録をしています。

当然、その後に開業されますので、開業時には50歳以上になっている場合が多く、どうしても平均年齢が高くなってしまいます。
高齢の先生では、若手経営者との話がかみ合わない点が出てきてしまう可能性があることや、経営の悩みを相談しにくい、パソコンが使えない為に電子メールでのやり取りができないなどの話を聞くことがあります。

もちろん豊富な知識と経験というのは税務上とても大きなポイントであるのも事実で、経営者は「いったいどのような税理士がいいのか?」と悩まれる方が非常に多いのも事実です。

ご自身の企業に合った税理士、会計士といち早くめぐり合うことが、経営をスムーズに行う秘訣なのかもしれません。

良い税理士を探す
税理士会計士の賢い選び方

税理士を変えた理由

1位 態度が悪い
2位 顧問料が高かったから
3位 何も指導してくれなかったから

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ