経営者のためのコミュニティポータルサイト「ビジプラ」








「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































休日に事故でケガを負った従業員が復職できない場合、解雇できる?

 

休職とは、「労務に従事させることが不能または不適当な事由が生じた場合に、使用者がその従業員に対し労働関係を維持させながら労務の従事を免除または禁止すること」とされています。

 

一般的な私傷病休職の場合は、就業規則等で定める休職期間中に傷病が治り、復職できれば問題ありませんが、治らずに休職期間が終了してしまう場合、判断に悩むところです。

ここでポイントとなるのは、傷病が「治ったか否か」という点で、最も争いが多いところでもあります。

 

裁判例では、

「使用者が病気休職満了により復職を申し出た労働者に対し復職を拒否して自然退職扱いにするには、使用者が、治癒の程度が不完全なために労務の提供が不完全であり、かつ、その程度が今後の完治の見込みや復職が予定される職場の諸般の事情等を考慮して、解雇を正当し得るほどのものであることまでをも主張立証することを要する(東京地 昭59・1・27)」

 

と示されています。

 

つまり、復職にあたり、以前の業務への復帰が困難であっても、現実に配置可能な業務がある場合には、他の業務に復帰させ、回復状況を見ながら以前の業務へ復職させるなどの配慮が必要であるということです。

 

復職が可能かどうか、または、完全に傷病が治癒したかどうかは、通常、医師の診断書を提出させる企業もありますが、自社の産業医などの意見を聴いたうえで、最終的な判断を下す権限は会社側にあります。

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ