経営者のためのコミュニティポータルサイト「ビジプラ」








「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































当日の有休請求は認めなければならないか?

 

労働基準法では

 

「年次有給休暇は労働者の求する時季に与えなければならない。ただし請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる」(第39条)

 

とあります。

 

つまり、従業員は有休を請求する権利があり、会社は従業員の請求する時に有休を与えなければなりませんが、それは業務に支障が出ないことが前提です。

業務に支障が出る場合は、会社は別の日に有休を振り替えることが出来るのです。

 

従業員は「その日休暇を従業員が取得しても業務に支障が出ないか」どうかを会社が判断する猶予を与えなければならず、通常なら遅くとも前日までに請求するのが妥当でしょう。

 

実際当日の請求では、会社に判断する猶予はない上、業務に支障が出ないよう代替要員を見つけることは困難です。したがって、当日の有休請求は認めず、欠勤として取り扱っても違法ではありません。

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ