経営者のためのコミュニティポータルサイト「ビジプラ」








「Business Planet ビジプラ」サイトは開設以来、多くの皆様にご利用いただきましたが、2016年2月29日をもちまして閉鎖させていただきました。

これまでの「Business Planet ビジプラ」サイトへのご愛顧に対しまして、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

今後、ビジネス文例集などのお役立ち情報は『総務のポータルサイトe総務.com』 http://www.e-somu.com/ をご利用ください。









































































































会社の解散について

 

1. 

「休眠会社」というのは法律上定義付けされている用語ではなく、一般的に、「解散、清算の手続が行われず、登記上は存在しているにもかかわらず、実際には営業活動を事実上廃止・休止している会社」のことを指します。

 

これに対して、会社の「解散」とは、会社法上に根拠規定のある用語であり、存立時期の満了その他定款に定めた解散事由の発生、会社の合併、会社の破産、解散を命ずる裁判、株主総会決議などによって、会社が、その目的である本来の活動をやめ、財産関係の清算をし、残務を整理すべき状態に入ることを意味し、債務の整理や残余財産の分配など残務処理が全て結了すれば、会社は登記上も存在しないことになります。

弁護士法人法律事務所オーセンス

 

新着トピックス

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

セミナー開催レポート

週刊クローズアップ

今週の一冊

新着専門家コラム

反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第70回】 「常識」がズレることの怖さ
反社会的勢力を排除する!~定義を確認し、そのために必要な社内体制とは?|株式会社エス・ピー・ネットワーク
【第69回】 贈収賄リスクへの対応(コンプライアンス・プログラムのあり方)

一覧を見る

「流行なび」女子大生モデル連載エッセイ